フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャパンブルーイエローグラス?

<<   作成日時 : 2016/12/11 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


画像


画像


テトラアクアリストクラブの会報に、熱帯魚をみる事にストレス軽減効果があることが立証された云々、といった記事が載ったことがあった気がして、探してみたのですが出てこない。
当時は「ペアで買った魚が片方だけ死んだり、何やっても殖えなかったりで、熱帯魚の飼育なんてストレスばっかりですよねえ」などと仲間内で笑っていたのですが、グッピーに餌をやっていて、ふと、思うことがあったのです。

ああ、ストレス軽減効果って、これか、と。

マニアな魚をじっくり眺めてペアで繁殖を狙ったり、プライスリストを取り寄せて穴が開くほど眺めたり、そんな風に過ごしていると気が付きようがないこともあるもので、力を抜いて魚を飼えるようになって、ぼんやり水槽を見ていると、ああ、これのことか、とわかります。

あの実験の記事の魚はきっとグッピーだったんじゃないかなあ、と思っているのですが、記事は見つからず。
グッピーのひらひらの魅力は動いていないとあんまし意味はないものですから、水槽に餌を入れて、泳ぎ回る姿を写真に撮ってはみたものの、写った写真にはあの感じはありません。
黄色い尻尾のグッピーはそんなに趣味じゃないと思っていたのですが、一匹一匹みるのではなく、餌を投入した時のなんだか時間が止まったように感じる魅力はなかなかのものです。
購入した店の親父いわく、写真の魚の親はアマチュアの方がお店に持ち込んだものなのだそうで、写っているのはその魚の子供たち。無選別ですが、ジャパンブルーのイエローグラスなんでしょうか、へんてこな色や模様の子供があんまり出てきません。

カミハタのサイトにもジャパンブルーイエローグラスは載っておりますし、先日量販店でも一度売っているのをみかけました。
一匹一匹選別して飼う、という飼い方ではなく、群れでごそっと買うのであれば、この魚は結構いいかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ジャパンブルーイエローグラス? フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる