フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ひかりクレストカーニバルとテトラシクリッド

<<   作成日時 : 2016/03/27 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私は普段中型魚の餌としてひかりクレストカーニバルを使用しているのですが、たまたま買いに行った店にカーニバルがなかったので、たまには違った餌を買ってみることに。
テトラシクリッドを購入してみました。

画像



写真の左側がカーニバル、右側の大きい方がシクリッドです。
シクリッドはかつてのテトラドロミンそっくりで、これはもしかしたら基本的には同じものかもしれません。
カーニバルと比較をするならテトラアロワナなんじゃなかろうかと買ってきてから思いましたが、まあ参考までに。

大きさ以外に違いは硬さです。
カーニバルは長さ1cmくらいですが、かなり柔らかく、エンゼルフィッシュの成魚が自力でギリギリ食べられます。
柔らかいので食べている最中に鰓から細かく砕けた餌が出ていくのが多く見えます。
シクリッドはかなり固いので、エンゼルフィッシュぐらいの大きさの魚には砕いてやる必要があります。
もう少し大きめの口の大きい魚がもともとのターゲットでしょうから(パッケージのイラストはオスカーやいわゆるフロントーサです)そもそも中型魚向きではないのかもしれません。
シクリッドは食べかすが少なく見えますが、うちの魚にはカーニバルの方が好まれるようです。

カーニバルにも大きいビッグカーニバルがあったり、テトラシクリッドもちいさいパッケージのものは餌そのものがちいさかったりするようです。
気になる方はお調べください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ひかりクレストカーニバルとテトラシクリッド フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる