フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS メラノタエニア・カマカの子供。50日程度経過

<<   作成日時 : 2017/02/12 21:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

孵化からおおよそ50日程度経過したメラノタエニア・カマカの子供です。
1.5cmくらいの体長、よく泳ぎまわるため写真を撮るのに少々骨が折れます。

画像


このサイズまで育てばまずは一安心でしょうか。
誰が見てもレインボーフィッシュであるところまでくれば、そんなに簡単には死んでしまわないようです。
ただ、このくらいのサイズの子供と、孵化したばかりのサイズの子供を一緒に育てようとして同じ水槽に入れてしまうと、小さいほうが消えてしまいます。
餌を食べつくされてしまうためか、ほかの原因があるのかはわかりませんが、何度かに分けて産卵をさせている場合、面倒でも一緒にはしないほうが良いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

メラノタエニア・カマカの子供。50日程度経過 フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる