フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS メラノタエニア・カマカの子供。孵化から一か月少し経過?

<<   作成日時 : 2017/01/22 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

メラノタエニア・カマカの子供。
一か月ちょっとを過ぎて、大きさが1cmを超えました。
背びれも出来て、慣れた人が見ればメラノタエニアの子供だとわかります。
画像


尻尾側を拡大してみてみると、尻びれ側に沿って赤い発色がみられます。
背中側は黄色?でしょうか、しかし尻びれ側ほど鮮やかには見えません。
画像


ちなみに、一か月よりもう少し成長した同じメラノタエニア属のトリファスキアータの子供の拡大が下の写真です。
画像

こちらについても、背中側は黄色系、おなかがわは赤くなっているのがわかります。
同じ成長段階にあるかどうか判断しがたいので、どこまでが種類としての違いかどうかはわかりませんが、「違うかもしれない」と「おんなじだ」と、育っていく魚の成長をちょっとずつ見ていくのは楽しいことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

メラノタエニア・カマカの子供。孵化から一か月少し経過? フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる