フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS メラノタエニア・カマカの子供

<<   作成日時 : 2016/12/23 19:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


12月17日に掲載した卵の写真を撮影してから6日経過しました。
卵から次々と子供が孵化をしています。
卵の発生状況がまちまちだったため、写真の魚が孵化して何日程度なのかは判別できませんが、1週間以内であることは間違いありません。

まだブラインシュリンプは食べられないようです。
水面近くを割と活発い泳いでいます。
粉餌を指で砕いて撒いてみてみましたが、食べているかはちょっとわかりませんでした。
反応しているようにも見えますが、餌に反応しているのか、単に浮遊物に反応しているのか、確信が持てない感じです。
おそらくはブルーレインボーあたりと難易度は変わらないだろうと思うのですが、これから育てて確認してみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

メラノタエニア・カマカの子供 フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる