フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS ベタ・チャンノイデス 口から出てきて1日目

<<   作成日時 : 2016/02/14 22:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日口から出てきて6時間以内と思われるベタ・チャンノイデスの子供です。

画像


ベタ・チャンノイデスの雄が子供を吐き出したのでとりあえず撮影しました。
繁殖について何か書きたいとは思ったのですが、何も書けることがありません。

よく行く熱帯魚屋の主人が「これは国産で全然難しくない。すぐ繁殖できる」との事だったので購入すると、家に持ち帰って1週間後にはもう卵をくわえていました。ノウハウも何もなく、買って来たらもう産んでいた、という感じでした。

15日後、吐き出す瞬間は見られませんでしたが、子供を発見。
親から隔離してブラインシュリンプをやってみましたが、いきなり食べられるみたいです。

画像


水槽の横から吐き出された魚を探しても見つかりにくいかもしれませんが、上から見ると見つけやすいみたいです。水流がついている水槽だと水面近くの水流が弱くなるところに浮かんでいることが多いようです。
上から見ると、眼が白く見えるので、それを目安に探すのが楽みたいです。

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ベタ・チャンノイデス 口から出てきて1日目 フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる