フラスコ熱帯魚研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 個体差

<<   作成日時 : 2015/08/23 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像

シクリッドでは個体別に値段が違ったりするのはよくあることのようですが、レインボーフィッシュに個体差があるという印象は私にはありませんでした。
ぼーっとマダガスカルレインボーを見ていると、そういえば、色が結構ちがうな、と。

なんとなくオスは尻尾の赤っぽい色の\\個体が多く、メスに青っぽいやつが多いのかと思っていましたが、うちにいる7匹だけでもそれは当てはまらなさそうです。
そもそも繁殖させたことがないので私の雄雌の区分だってあやしいものなのですが。

下の写真はおそらくオスの、赤系の尾びれです。
オスっぽい個体はこの色配分の個体が多い気がしますが、店でしげしげと眺めたり、統計をとったりしたことはないので、あくまでもわたくしの印象です。
画像


次の写真はおそらくオスの、青系の尾びれです。
画像



次の写真はおそらくメスの尾びれ。うちにはメスで赤系の個体はおりません。
画像

おそらくですが、地域差などではなく、単純に個体差が多い魚なのだと思います。
これらはどちらが優れているとかどちらが高価だとかではなく、単に「違う」というだけですので、当然、区別されることなく流通しております。
好みがあるようでしたら融通の利きそうなお店で選んで買うのも楽しいかもしれません。
色についていうと、尻びれのオレンジ色のラインが大変きれいです。
あんまり写真としてはきれいではありませんが、下の写真でどんなものかはわかるかと。
体側誇示でもしてない限りははっきりみえないのが残念ですが。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

個体差 フラスコ熱帯魚研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる